2008年08月05日

「Saunier Duval-Prodir」→「Scott-Americanbeef」

ツール・ド・フランスでのリッコとピエポリのドーピング違反によって、メインスポンサー撤退。
チームには新スポンサーが付いて「Scott-Americanbeef」になりました。

新チームは「クラシカ・サンセバスチャン」から新ジャージで参戦中。
ファンクラブはどうなるのだろうか・・・?

続きを読む
posted by Go-T at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

蛍狩り

「狩り」といっても、採取はしません。見るだけです。
この数年、家の近くでゲンジボタルの成虫を見るのを楽しみにしています。
例年6月中旬頃に見る事が出来るので、今年も楽しみにしていましたが、6月14日に2頭みつけてから、日付けが変わっても見つかるのは1ヵ所で0〜2頭と例年より少なめ。
6月27日になってようやく4、5頭見る事が出来る場所が出てきたものの、やはり少ない。

人為的な要因で数が減っているなら問題ですが、今年に限っては昨年9月の台風の際に大増水したので、その影響があるのかもしれません。
posted by Go-T at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

ジロ・デ・イタリア&ツール・ド・スイス

ジロ・デ・イタリアは応援していたシモーニ、リッコ共に優勝は出来ませんでしたが、レースを盛り上げてくれたので良かった。ディルーカの健闘も光っていました。
優勝したコンタドールは速いかもしれないけど、好きにはなれない選手。彼が表彰台で毎回見せる「拳銃で人を撃つポーズ」には何の意味があるのだろう?しかも毎回・・・。
07年世界選手権でベッティーニがゴール時に見せたポーズとは、まったく意味が違うと思っています。

今はツール・ド・スイス開催中。日本時間の深夜からの中継なので、翌朝ローラーを回しながら観戦する日が多くなっています。
レース中継を見ながらであれば、ローラーの時間も短く感じられるのでお勧めです。

ツール・ド・スイスが終わると、いよいよツール・ド・フランスの季節、夏が始まります。
posted by Go-T at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

SAUNIER DUVAL 5

画像.jpg
今年からSCOTTがサブ・スポンサーになって「SAUNIER DUVAL SCOTT」となった「SAUNIER DUVAL」チーム。
昨年オフィシャルファンクラブに入会したのですが、今年は見送り・・・。

ですが昨日スペインより小包が到着。中身はオフィシャルのシャツでした。ファンクラブ、太っ腹です!

今年のGIROでもリッコやピエポリが活躍中。
TTでは新型バイクも投入され、ますます活躍が楽しみです。
posted by Go-T at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

Mountain Smith DayPack

IMG_3536.jpgIMG_3535.jpg
愛用GOODSネタ。
マウンテンスミスのデイパック。写真右が初代12年もの
大分くたびれてしまったので、昨年新しく購入したのが写真左。

普段の通勤で写真のモノを入れています。
中身は、弁当、ボトル(500mlX2)、水泳Goods一式、パンク修理セット、空気入れ、タオル、雑誌、携帯、財布、社員証、ライト等など。この位入れても余裕があります。
雨が降りそうな日には、これらプラス雨具を入れています。これだけの量がしっかりと入るウエストバッグは少ないです。

自転車通勤の際に、一番使用頻度が高いのが、このDayPack。
12年使って、ドローコードは伸びきってしまい、ポケット部分が1ヶ所ほつれて縫い直しました。それ以外は、トラブル無し。

新しいモノは基本的な構造は変わらずに、マイナーチェーンジのみ。変わった所は
・アッパーの素材が1種類から2種類に
・オムニベルトにメッシュパッドが付いた
・両サイドのメッシュポケットに補強
・ショルダーストラップのパッドが大型化
・コンプレッションベルトの位置が横から縦に
・バッグの内側が黄色
・ドローコードがリフレクター素材
12年前にほぼ完成形だったので、大きく変える必要は無かった結果ですね。ですがマイナーチェーンジで確実に使いやすくなっています。特にバッグ内側が黄色になったのは、中のモノが見つけやすい。リフレクターが付いたのも、夜走る者にとっては嬉しい改良点。

残念なのは、アメリカ製からベトナム製に変わってしまった事。
チェックした限りでは縫製に問題は無さそうなので、問題ないのではと思っていますが、こればかりは後10年使ってみないとわかりません。
IMG_3539.jpgIMG_3537.jpg
posted by Go-T at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

花見ランニング

僕のジョギングコースには、色々な花が咲いています。
特に「花見」に行く事は無いのですが、今の時期ジョギング時には色々な花を楽しむことが出来ます。
IMG_3621.jpgIMG_3623.jpg
2週間程前には「カタクリ」や「アズマイチゲ」が満開。家の近くではサクラ、少し山の方に向かって走るとウメが一度に楽しめました。
IMG_3628.jpgIMG_3626.jpg

先週は地元で開催された「青梅高水トレイルラン」に夫婦で参加。
会場では久し振りに、何人もの知り合いに会うことが出来ましたが、僕以外は皆35kmの部に参加しているので「なんで15kmなの?」と皆に言われてしまいました。
今年はトレイルランニング・ブームのあおりか、1800人近くが参加。流石にコースのキャパシティーを越えてしまっている感じです。

今日は小雨でしたが、ジョギングへ。
コースの途中にある枝垂桜を幾つか見て周りました。枝垂桜の見頃も今週で終わりです。
IMG_3639.jpgIMG_3640.jpg
posted by Go-T at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

ロードレース・シーズン開幕

ヨーロッパのロードレース・シーズンも既に開幕。
「パリ〜ニース」と「ミラノ〜サンレモ」の中継を見て、勝手にテンションも上がってきています。
毎年シーズンの初めは、チーム間で選手の移動があったり、ユニフォームデザインが変わったり、新チームが出来ていたりして、慣れるまで選手を見分けるのが難しい・・・。
J-SPORTSの次の中継は4月の「フランドル一周」なのですが、その前にSPEEDチャンネルで「トラック世界選手権」のLive中継があります。(スカパー加入者は無料視聴可能!)

自身のロードレース・シーズン開幕はもう少し先になる予定。
この冬はほぼ予定どおり練習が出来ました。
平日の練習は朝の3本ローラー中心。もう3年半くらい使っているけど、ノーメンテナンスなのに快調に動いてくれています。
posted by Go-T at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

自転車ブームと「ルック車」・自転車と「ECO」

「ロードレーサーの人気が出ている」と様々なメディアが取り上げるようになりました。確かに道を走っていても、ロードレーサーとすれ違う事が多くなってきています。
なのに自転車店で話を聞くと、「都内でロードレーサーの売り上げが増えている訳では無い」との事。一見「ロードレーサー風」のいわゆる「ルック車」が増えているのでしょう。
10数年前、「MTBブーム」の時にも「MTBルック車」が増えました。

「自転車=エコ」と言う宣伝も目立ちます。
「エコ・ECO」ってなんでしょう?「Ecology=生態学・生態系」だし、「Ecological=生態学の、環境上の」と言う意味です。「環境保全」と言う意味ならばしっかりと「Environmental Conservation」と言うべきだし、「環境に優しい」だったらせめて「Eco-friendly」であるべき。
「エコ・ECO」が商品を販売する際の、安易な免罪符になってはいけないと思います。
大量生産されて、安売りされる「ママチャリ」や「ルック車」は決して環境には優しくありません。「自転車はCO2を出さない」と言われますが、自転車は生産される時と廃棄される時に大量のエネルギーを使い、大量のCO2を排出しているのです。耐久性が低く、数年で産業廃棄物となってしまう自転車では環境に負荷をかけるばかり。
「1台を大切に長く乗り続ける」事で初めて「自転車=環境に優しい」と言えるのだと思っています。

「ルック車」や整備が行き届いていない自転車では、楽しみも半減。それどころか事故につながり、自分や他人に大きな被害をもたらす危険を持っているのです(自転車=車と考えた方が良いでしょう)。

こんな日記を書くきっかけになったのはmtrblogさんの「自転車流通の矛盾と罠」と「我々自転車乗りの使命とは」というエントリーを読んだからでした。

出来るだけ沢山の人に、「自転車の楽しさ」を知ってもらいたい。
posted by Go-T at 23:03| Comment(4) | TrackBack(1) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

雪 Walking・TrailRunning・MTB

IMG_3597.jpgIMG_3600.jpgIMG_3601.jpg
東京は、「雪の週末」が続きました。
参加予定だった「青梅マラソン」も雪で中止。(レースの代わりに、前日に1人でコースを走りました。)

今週末は久し振りに「晴れ」。
ですが、いつものトレイルへ行ってみると、北斜面にはまだ雪がかなり残っていました。
尾根沿いの雪はほとんどなくなっていますが、ぬかるんだ箇所が多くなっていて、MTBが走った後がすでに轍になっています。
ぬかるんだシングル・トラックに出来た轍は、ほうっておいても元には戻らずに徐々に深くえぐれて行くだけ。
出来たばかりの轍であれば、埋めるのにもそんなに時間はとられないので、何箇所か轍を埋めながら走りました。

普段はMTBでブレーキをかけてもなんとも無いトレイルも、ぬかるんでいたりすると、あっという間に1cm、2cmと削れてしまいます。日本で表土が1cmできるのには、普通は100年以上かかります。
表土を削ってしまうのは、トレイル・ランニングでも同じです。「トレイルランニングは自然に負荷をかけない」と言う人もいますが、それは間違っていると思います。
特に雨の日には、MTBもトレイルランニングも環境に対する負荷が大きくなる事を忘れてはいけないと思います。
ゴルフで行われている「埋め土」と言う行為は、自然の中で行われる、トレイルランニングやMTBでこそ行われるべきでしょう。

トレランの後はMTB。今日はトレランで走ったコースをMTBで走るとトレイルに対するダメージが多すぎるので、予定を変更してダブルトラックのジープロードの方に走りに行きました。
アプローチの舗装路にも完全凍結の箇所が200mくらい残っていて、凍っている車の轍を避けて、中央の雪の部分を走っていたら、ハンドルがふらついて凍りついた轍に戻った瞬間に転倒。でも10cmくらい積もった雪の上に倒れたのでダメージは無し。
ダブルトラックの北斜面には更に雪が残っていて、多いところでは15cm。走っている途中でMTBが止まってしまい、雪の中をMTBシューズで歩いたので、足が濡れてしまいました。

posted by Go-T at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

七福神めぐり

IMG_3563.jpgIMG_3565.jpg
少し前の事になりますが、今年もチームの恒例行事「青梅七福神めぐり」に参加しました。今回で20回目の開催。
僕が参加したのは4回目かな?

事前に予想タイムを申告してお店を出発。青梅市内の七福神を自転車でのんびり、夫婦2人でまわりました。
正月7日までは、七福神めぐりの観光客も多いのですが、それを過ぎると参拝者も少なめ。それでも20人くらいの団体で周っている人達もいました。

予想時間2時間でタイムを申告、丁度2時間弱で全部まわれました。
今年は直前のキャンセルが多く、参加者が例年より少なかったので、うちの夫婦が2位と3位(事前予想タイムに近い人が上位、タイムオーバーは失格)。

夫婦2人で、楽しんで商品ももらえてラッキー。
これが七福神めぐりのご利益か?

写真は聞修院の七福神石像とお地蔵さん。
そして満開だった、地蔵院の蝋梅。
IMG_3571.jpg
posted by Go-T at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。