2010年03月10日

アイアンマン終了

今年もアイアンマンに参加してきました。

今回は昨年の反省を活かして練習計画を作成。足の怪我でランニングの練習に入るのが遅れましたが、最終的には予定通り練習をこなす事が出来ました。

東京と現地の温度差は30℃!
レースは、スイム/バイクと予定よりかなり遅れてしまいましたが、最後のランニングで少し順位を挽回し、総合30位(プロ25名含む)でした。
世界選手権の権利は今回も獲得できず、また再挑戦します。

IMGP7398.JPG IMGP7400.JPG

IMGP7411.JPG IMGP7475.JPG
posted by Go-T at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

アイアンマン終了

多少のトラブルはありましたが、アイアンマン無事完走。
5年振りにロングのトライアスロンレースに出場してみて、新たな発見が沢山ありました。

昨年10月から2月にかけて、アイアンマンの目標タイムに合わせた練習メニューを作成・取り組んできましたが、その成果を確認する事が出来たので良い経験になりました。

来年また挑戦したいと思っています。

IMGP6715.JPG IMGP6716.JPG

IMGP6762.JPG IMGP6819.JPG
posted by Go-T at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

青梅マラソン終了

画像 190.jpg
雪で中止となった昨年とはうって変わって、好天に恵まれた今年の青梅マラソン。約15000人の参加者があったようです。

アイアンマンへの最後の調整レースとして位置づけていたため、前日の土曜日はBIKEで150km。
今日のレースもアイアンマンのレースペースで押さえ気味に走り、予定通りのペースで完走。
久し振りに一緒に参加した妻も、自己記録で完走。

今日は昨日に引き続き2月としては暑かったので、レース後のコーラがとても美味しかった!

青梅マラソンタイム配信
posted by Go-T at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

5年振りのトライアスロン

2月の終わりにアイアンマン・トライアスロンに参加予定。
ロングのトライアスロンには2004年に参加して以来なので、5年振りになります。
昨年10月頃から、このレースに向けて練習をしていますが、先週で追い込んだ練習はほぼ終了しました。

身体の外側も内側も大分変わった気がしています。
BIKEもトライアスロン用に、改良しました。

画像 183.jpg
posted by Go-T at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

都民の森

画像 026.jpg 画像 027.jpg

35℃を超える中のトレーニングは自転車でもきついので、7月後半からほぼ毎週、少しでも涼しい標高の高い所へトレーニングに行っています。

行き先は「都民の森」。
真夏以外はロードレーサーで奥多摩周遊道路を登ることが多いのですが、この時期はMTBで登ります。
都民の森の駐車場にMTBを停めたら、シューズを履き替えて「三頭山」へ。
三頭山付近には、東京では2ヶ所しか残っていないブナの原生林があり、「屋久島」まで行かなくても、「もののけの森」の雰囲気は楽しめます。ブナ以外にもミズナラ、ホオやトチの巨木も残っています。
三頭山の山頂は標高1528m。都心が35℃を超える日でも山頂の気温は25℃くらい。

先週は今までに見たことの無い赤いヘビに遭遇。よく確かめようと思って近づいたのですが、すぐに崖下に逃げられてしまいました。
日本産の赤いヘビなんて聞いたことが無かったのですが、赤色が入っているなら、ヤマカガシかジムグリの変異体かな?と思って、帰宅後にネットで検索。どうやら「アカジムグリ」のようです。
普通のジムグリも東京都では絶滅危惧種(都西部では希少種相当)。アカジムグリはかなり少ないと思います。

三頭山に登った後は、三頭大滝へ下りながら途中の沢で冷たい水を汲んで都民の森に戻り、再びMTBで家に帰ります。
posted by Go-T at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

雪 Walking・TrailRunning・MTB

IMG_3597.jpgIMG_3600.jpgIMG_3601.jpg
東京は、「雪の週末」が続きました。
参加予定だった「青梅マラソン」も雪で中止。(レースの代わりに、前日に1人でコースを走りました。)

今週末は久し振りに「晴れ」。
ですが、いつものトレイルへ行ってみると、北斜面にはまだ雪がかなり残っていました。
尾根沿いの雪はほとんどなくなっていますが、ぬかるんだ箇所が多くなっていて、MTBが走った後がすでに轍になっています。
ぬかるんだシングル・トラックに出来た轍は、ほうっておいても元には戻らずに徐々に深くえぐれて行くだけ。
出来たばかりの轍であれば、埋めるのにもそんなに時間はとられないので、何箇所か轍を埋めながら走りました。

普段はMTBでブレーキをかけてもなんとも無いトレイルも、ぬかるんでいたりすると、あっという間に1cm、2cmと削れてしまいます。日本で表土が1cmできるのには、普通は100年以上かかります。
表土を削ってしまうのは、トレイル・ランニングでも同じです。「トレイルランニングは自然に負荷をかけない」と言う人もいますが、それは間違っていると思います。
特に雨の日には、MTBもトレイルランニングも環境に対する負荷が大きくなる事を忘れてはいけないと思います。
ゴルフで行われている「埋め土」と言う行為は、自然の中で行われる、トレイルランニングやMTBでこそ行われるべきでしょう。

トレランの後はMTB。今日はトレランで走ったコースをMTBで走るとトレイルに対するダメージが多すぎるので、予定を変更してダブルトラックのジープロードの方に走りに行きました。
アプローチの舗装路にも完全凍結の箇所が200mくらい残っていて、凍っている車の轍を避けて、中央の雪の部分を走っていたら、ハンドルがふらついて凍りついた轍に戻った瞬間に転倒。でも10cmくらい積もった雪の上に倒れたのでダメージは無し。
ダブルトラックの北斜面には更に雪が残っていて、多いところでは15cm。走っている途中でMTBが止まってしまい、雪の中をMTBシューズで歩いたので、足が濡れてしまいました。

posted by Go-T at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

プチ高地トレーニング 4回目

今月取り入れた「プチ高地トレ」の4回目。
昨日は先週までとは違い、9時に都民の森で26℃と先週までよりは少し涼くなっていました。
それでも、奥多摩湖に下りれば32℃と真夏日。

8月に入り、MTBでの長時間ライドにも大分慣れてきた感覚。昨日も疲れが溜まってきている中、良い感じで走れました。
トレイルランは登りは全く走れず。下りは良いリズムで走れる所もあって、スピードが上がる部分がありましたが、怪我が怖いので抑えて下りました。

奥多摩周遊道路にサイクリストは多かったけど、MTBで登っている人はほとんどいません(フルサスに2.2インチのブロックタイヤは誰もいない)。すれ違う人は皆、「MTBは山に行け」と思っているかも?でもこの時期はハイカーが多いので、MTBで走る事の出来るトレイルも限られます。
posted by Go-T at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

プチ高地トレーニング

mitousan.jpg

土曜日はハイドレーションバックにトレラン・シューズを詰めて、MTBで都民の森へ。

都民の森にバイクを置いて、「トレイルラン」をする予定でしたが、予想より道が険しくほとんど歩きになってしまいました。三頭山山頂はハイカーで一杯。
標高1030m-1530mで1:40の「プチ高地トレーニング」。

後からMTBで登ってきた妻と合流して、風張峠へ。標高1146m、気温は28℃。
いつもはジャケットがいる下りも、丁度汗が引く程度。奥多摩湖に下ってからは下りでも感じる風は「熱風」。帰宅して「猛暑日」だった事を知り納得。

4L給水したのに、帰宅後3kg体重が減っていました。
posted by Go-T at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

Laurent Jalabert

Laurent Jalabert、通称「ジャジャ」。言わずと知れた元プロ・サイクリスト。TDFでポイント賞2回、山岳賞2回獲得、ヴェルタ・エスパーニャ総合優勝等、戦歴は超一流。

彼の初のアイマンマン・レースであるアイアンマン・スイスが終了しました。結果は
Swim3.8km 1:16:27
Bike180km 4:39:16
Run42.2km 3:11:38
Total 9:12:29
バイクが速いのは当たり前(バイクラップは総合で3位)だが、ランもかなり速い。

スティーブ・ラーセンやジャジャのような、「バイクでぶっちぎっる走り」は自分の理想です。
posted by Go-T at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

蛍ラン

この時期の夜のジョギングの楽しみは、ゲンジボタル。
夜のジョギングコースのうち、往復約2kmは小さな川沿いを走るコースが多いので、毎年この時期になると、蛍の光を楽しめます。

今年は例年よりも気温が高かったためか、すこし早くから現れて、初めて見たのが6/10。先週は週末になっても数が増えなかったのですが、今週に入り、徐々に増えてきました。それでも、年々減ってきている感じ。

ゲンジボタルが生息するのにも、
・幼虫が生息できる綺麗な水質
・餌となるカワニナが生息できる環境
・幼虫が蛹になる為に上陸できる川岸
・成虫が休める川沿いの植生
の全てが必要になるので、「ホタルが繁殖できる環境=子供や孫やその先の世代まで残すべき環境」と言えると思います。残していきたいですね。
posted by Go-T at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

トレイルラン

一昨年に引き続き、3/25に「奥武蔵レクロゲイニング」に出場します。

なので先週末と、21日は1人でトレイル・ランニングをしてきました。

日曜はまず満地峠から梅ヶ谷峠へ。途中からはハイキングマップにも載っているコースなので、ハイキングの団体さんも歩いていました。途中一箇所道を間違えてしまいましたが、2:30弱、HR70-85(ロゲインレースペース)で走れました。
切り株に爪先を引っ掛けて、また足首を捻りそうになりましたが、テーピングしていたので、助かった。

水曜はハイドレーションパックを背負ってのトレラン。
水1.5L、重い・・・。とにかく、足をくじかないよう注意して走ります。
順調に下っていると前方から走ってきたMTBの集団とすれ違いました。竹谷プロや片山プロが走っていました。「走り方を見てみたい」と思いましたが、逆方向だったので無理、残念。
無事1:30走って終了。日曜日の天気予報が「雨」なのが心配・・・。
posted by Go-T at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

青梅マラソン1週間前

今年も青梅マラソンに出場予定です。
今年は大人気の「東京マラソン」に追いやられて、いつもの年より2週間早い開催となっています。
今週木曜日には、最後の走りこみとして24km走り、今朝は10kmのトレイルランの予定でした。
が、トレイルランの途中で右足首をひねってしまい、5km弱歩いて戻ってきました。帰宅後、直ぐにアイシングして湿布。
残り1週間は練習量を落として調整予定だったので、無理せず休んで本番までには走れるようにするつもりです。
posted by Go-T at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

初ラン

昨日は実家に帰ったついでに、大学時代の後輩と津久井湖-高尾山往復、初トレイルランニング。
僕はこの冬あまり走っていなかったので、かなりきついトレランになりました。
特に下りで飛ばす後輩についていけず、前半で既に大腿四頭筋がパンパンになってしまい、ペースダウン。
1月3日とはいえ、高尾山は参拝者・登山者が多く「山頂-高尾山口」間は走れない部分がかなりありました。

例年より暖冬なので凍っている箇所も無く、良い練習になりました。
posted by Go-T at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

トレイル・ウォーキング

オフトレの一環として、毎年トレイル・ランニングを行っています。
ですが今年は最近までランニングが出来ない期間が大分あったので、いきなり「ランニング」ではなく、まずは「ウォーキング」から始めています。

先々週、先週と2時間づつ裏山(自宅から歩いて行けるので、こう呼んでいます)をじっくりと歩きました。この時期のトレイルは積もったばかりの落ち葉でふかふか。木々が風を遮ってくれるので、早朝でもあまり寒さを感じず、快適です。
「ウォーキング」と言っても、細かいアップダウンはかなりあるので、歩いた日の夜はBIKEで100km走るよりも脚は重くなりました。

来週から徐々に「ウォーキング」から「ランニング」へ以降していく予定です。
posted by Go-T at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

月光

 昨晩走り出すと直ぐに、やけに周りが明るい事に気が付きました。後ろを見ると綺麗な満月。月明かりに照らされた街道沿いの梅を見ながら、のんびりLSD(ランニング)。週末は梅の花目当ての観光客で混雑する街道も、夜になれば車の通りも少なくランニングには丁度良い感じです。

 1時間程走って折り返すと、今度は正面の少し視線を上げたところに満月が出ていました。丘陵沿いのジョギング・コースは、一本脇道に入れば車も人通りも殆ど無く、上を見ながら走っていても大丈夫。復路は1時間満月を見ながらのジョギングとなりました。満月の脇を飛行機が横切り、夜空に引かれる飛行機雲を発見。見慣れた飛行機雲も、夜空に見えると不思議な感覚。
 こんなに長い時間満月を眺めているのは初めての経験かも知れません。それなりに忙しい毎日の中で、ゆっくり満月を眺め好きな曲を聴きながら走れるなんて、ちょっと贅沢な気がしました。

 丁度iPodShuffleの中には鬼束ちひろの「インソムニア」を入れていたので、満月を眺めながら「月光」をリピート。気持ちの良い2時間となりました。
posted by Go-T at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

XTERRA DVD

 アメリカではESPNで放映された「2005 XTERRA World Championship」のDVDが発売されたので、早速購入しました。
 映像は正味50分なのですが上手く編集されていて、見ているうちに、あの時のマウイの雰囲気がよみがえってきました。
 苦しめられたMTBセクションは、「ハートブレイク・ヒル」ではトップの選手達もMTBを押して登っていた事がわかり、下りでは転倒者続出。やはりタフなコースであったことを再認識。
 あんなにきついレースだったのに、時間が経つと苦しみや辛さの記憶は薄らいで、レース後の達成感・充実感だけが残っています。レース後は「XTERRAはもう十分」と思っていたのに、時間が経つと「こうすれば登りでタイムアップできるのでは?」とか「この練習が最後のランに有効なのでは?」と考えてしまいます。これがアスリートの性?

XMTB01.jpg
posted by Go-T at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

青梅マラソン終了

 青梅マラソン走ってきました。
 結果は2h30m、これは4年前に初参加した時と同じタイム。前回3年前より10分も遅くなってしまいました。「この3年間は何だったのだろう?」と一瞬思ってしまいました。
 体調は良いと思っていたのですが、走り始めると脚が重く火曜/水曜と同じ状態。「後半になれば状態も良くなるだろう」と思って走り続けましたが、結局最後まで調子は上がりませんでした。

 それでも往復30kmの沿道に、ほとんど観客が途切れることのない「青梅マラソン」は走っていて元気付けられます。小さな子供からお年寄りまで、トップランナーだけでなく全てのランナーに最後まで大声援が贈られます。「帰って来いよ」を毎年流してくれるレコード店、ギター一本で3時間以上歌って応援し続けてくれるお兄さん、太鼓で応援してくれる地元の小学生、手にチョコレートや飴をもって差し出してくれる子供、自宅で麦茶を作って配ってくれるおばさん、etc。大会役員やボランティアの方々以外のこういった「私設応援団」がとても多いのが青梅マラソンの魅力のひとつです。

 レース中は余裕が無く、なかなか全員の声援に答えることが出来ないのですが、来年も「青梅マラソン」には参加したいと思っています。
posted by Go-T at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

レース前のコンディション

 今週末はいよいよ、青梅マラソン。ランの練習量は予定の90%はこなせましたが、スピードが付いてきていない感じ。レースで予定通り走れなかったら、ランの練習メニューは見直す必要がありそうです。

 火曜/水曜日あたりは感覚的に重たかった身体も、今朝のSwimでは若干軽くなってきました。今朝の時点で体重61.4kg、体脂肪率7.4%。体重はベストより約1kg軽くなっていますが、ランのレースなので丁度良い。相変わらずチョコレートも食べ続けていますが、体脂肪率もほぼ予定値(8%)と同じです。2週間前に行った献血の結果、ヘマトクリット値は過去最低の43.0%と低い値・・・。でもPolarのFitnessTestの値は特に変化無いので、問題は無いでしょう。

 青梅マラソンは3年振り、ロードでのランのレースも2004年のアイアンマン・ランカウイ以来なので、ちょっと緊張します。
posted by Go-T at 17:25| Comment(0) | TrackBack(1) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

走り込み終了

 2年振りに参加する青梅マラソンに向けての走り込みも、今夜の練習で終了。昨晩は12kmのうち6kmレースペース。これは問題なく終了。今晩は久し振りに25km走りましたが、風が強くて予想以上に疲れてしまいました。練習量は予定通りこなせましたが、スピードが上げられなかったので、本番はちょっときつくなりそう・・・
 この後レースまで練習量は減るので、気持ち的には楽です。

 青梅マラソンは、毎年2月の第3日曜日に開催されていて、今年で40回目を数える市民レースです。しかし、2007年は新しく始まる「東京マラソン」が2/18に開催決定されているので、青梅マラソンの日程は変更されるようです。
posted by Go-T at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

水墨画の世界

 昨日は雪で走れなかったので、今朝チームメイトとランニングへ。

 雪が若干残る中、いつものコースでトレイルの入り口まで行きましたが、トレイル内は雪が多かったので、コース変更して、谷沿いの道を走る事にしました。民家もほとんど無い道路は、車の踏み固めた轍は残っていますが、人が歩いた跡はありません。谷沿いなので、木々に積もった雪もまだ大分残っていて、雪の「白」と逆光の「黒」が創り出すモノトーンの世界。まるで水墨画の風景の中を走っているようでした。僕ら以外は人も車も無い約2qの区間。時折風に吹かれて木立から舞い落ちる粉雪を浴びながらゆっくり走るのは、寒さを忘れる気持ち良さでした。カメラを持っていけば良かった・・・。

 車の多い道路を走るのは嫌なので、帰りも同じコースを走って来ました。帰りには数台の車と一人のランナーとすれ違い、改めてあの時間あの風景を独占できた幸運に感謝。
posted by Go-T at 22:11| Comment(2) | TrackBack(1) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。