2008年03月26日

ロードレース・シーズン開幕

ヨーロッパのロードレース・シーズンも既に開幕。
「パリ〜ニース」と「ミラノ〜サンレモ」の中継を見て、勝手にテンションも上がってきています。
毎年シーズンの初めは、チーム間で選手の移動があったり、ユニフォームデザインが変わったり、新チームが出来ていたりして、慣れるまで選手を見分けるのが難しい・・・。
J-SPORTSの次の中継は4月の「フランドル一周」なのですが、その前にSPEEDチャンネルで「トラック世界選手権」のLive中継があります。(スカパー加入者は無料視聴可能!)

自身のロードレース・シーズン開幕はもう少し先になる予定。
この冬はほぼ予定どおり練習が出来ました。
平日の練習は朝の3本ローラー中心。もう3年半くらい使っているけど、ノーメンテナンスなのに快調に動いてくれています。
posted by Go-T at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

自転車ブームと「ルック車」・自転車と「ECO」

「ロードレーサーの人気が出ている」と様々なメディアが取り上げるようになりました。確かに道を走っていても、ロードレーサーとすれ違う事が多くなってきています。
なのに自転車店で話を聞くと、「都内でロードレーサーの売り上げが増えている訳では無い」との事。一見「ロードレーサー風」のいわゆる「ルック車」が増えているのでしょう。
10数年前、「MTBブーム」の時にも「MTBルック車」が増えました。

「自転車=エコ」と言う宣伝も目立ちます。
「エコ・ECO」ってなんでしょう?「Ecology=生態学・生態系」だし、「Ecological=生態学の、環境上の」と言う意味です。「環境保全」と言う意味ならばしっかりと「Environmental Conservation」と言うべきだし、「環境に優しい」だったらせめて「Eco-friendly」であるべき。
「エコ・ECO」が商品を販売する際の、安易な免罪符になってはいけないと思います。
大量生産されて、安売りされる「ママチャリ」や「ルック車」は決して環境には優しくありません。「自転車はCO2を出さない」と言われますが、自転車は生産される時と廃棄される時に大量のエネルギーを使い、大量のCO2を排出しているのです。耐久性が低く、数年で産業廃棄物となってしまう自転車では環境に負荷をかけるばかり。
「1台を大切に長く乗り続ける」事で初めて「自転車=環境に優しい」と言えるのだと思っています。

「ルック車」や整備が行き届いていない自転車では、楽しみも半減。それどころか事故につながり、自分や他人に大きな被害をもたらす危険を持っているのです(自転車=車と考えた方が良いでしょう)。

こんな日記を書くきっかけになったのはmtrblogさんの「自転車流通の矛盾と罠」と「我々自転車乗りの使命とは」というエントリーを読んだからでした。

出来るだけ沢山の人に、「自転車の楽しさ」を知ってもらいたい。
posted by Go-T at 23:03| Comment(4) | TrackBack(1) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

2008年 初乗り

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて今朝はこの数年、僕の中で元旦恒例になっている初ライドへ。

まずは35kmの周回コースへ。快晴、初日の光を浴びながら、気持ち良く走ります。
元旦のバイク練習を始めた理由は、一年で一番車が少なくて走りやすいから。11時を過ぎると曇ってきましたが、寒くはありませんでした。
いつもは35kmx3で105km。今日は新年なので少し多めに煩悩の数(108)だけ走ろうと思ったのですが、少し走り過ぎて110km。

帰宅後、直ぐにローラーに乗りながらペダリングの確認を1時間。合計で4.5時間乗る事ができました。
posted by Go-T at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

「極上」トレイル

IMG_3522.jpgIMG_3437.jpg
先週までは木の葉がかなり残っていた山も、この1週間で大分落葉が増えました。落葉が積もった尾根は、最上級のトレイルに。

まずゆっくりとしたペースでトレイルラン10km。
次はMTBに乗り換えて、同じコースを走ります。

毎年、冬の終わり頃に登れるようになる急斜面を、この冬は初トライで登る事が出来たので自分でも驚きました。半分はバイクの性能ですが・・・。

IMG_3438.jpg
posted by Go-T at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

New Wheel

IMG_3339.jpgIMG_3340.jpg

お店に注文していた手組みのホイールの部品が揃い、ついに完成。
レース用のバイクと自分の脚力に合わせて組んでもらいました。
60km程慣らし走行。その足でお店によって微調整してもらい、ほぼ完成。
「完組みチューブラー」も考えたけど、細かく調整してもらえる手組みにしました。
Shimanoの新型DuraAceハブにアンブロッシオのエクセライトSSCの組み合わせ。偶然橋川選手が組み上げようとしていたホイールと同じ組み合わせでした。

今までタイヤは、ミシュランのプロ・レース→プロ・レース2と使ってきたけど、今回はコンチネンタルのGP4000Sにしてみました。コンチネンタルは前に廉価版の「グランプリ」を使った時に、ウエットで滑りまくって直ぐにローラー専用になってしまいましたが、GP4000Sはプロ・レース2より高圧で走ってもしなやか。ウエットでのグリップもまずます良かったので好感触。

来シーズンのレースは、このホイールで走ります。
posted by Go-T at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

「リッコ」のスニーカー

「MasCiclismo」のとくだねニュースに、「リッコの靴は一体なんだ?」という記事が載っていました。

ジャパン・カップで来日した際にサウニエル・デュバルのリッコが履いていたスニーカーの画像と共に、「このシューズねたはちょっとカルト級なので・・・」とありましたが、画像にあったリッコのシューズは一目瞭然。他選手のシューズも判ったので管理人のNacoさんにメールしたところ、「さらにカルトアンサー一件追加」として、内容が紹介されました。

NIKEのシューズ(2種類)は、何処にでも売っているので写真を見て判った人は多いと思う。
SCOTTのランニングシューズは、日本未発売なので判った人は少ないかも?
SCOTTマニア(?)&サウニエル・デュバル・ファンクラブ会員の面目躍如か???
posted by Go-T at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

奥多摩むかしみち・サイクリング

木曜日に余っている年休を消化して、夫婦で「奥多摩むかしみち」へサイクリングに行ってきました。
mukashimichi2.jpg

奥多摩駅の観光案内所で地図をもらうと、奥多摩湖付近はまだ台風の影響による崖崩れの箇所があるとの事。そのまま青梅街道を登って「桃ヶ沢」バス停付近から「奥多摩むかしみち」へ入りました。
mukashimichi1.jpg

旧道ですが、途中には民家もあり、つり橋も幾つかあります。川の水は上流のダムからの放流が続いているため、濁流。
mukashimichi3.jpgmukashimichi5.jpg

車が普及する前の旧道なので、馬の水のみ場や馬頭観音も沢山あります。珍しい「牛馬頭観音」もありました。案内の看板にはそれぞれの説明が書かれているので、必読です。
mukashimichi4.jpg

一部未舗装路があるので、MTBでゆっくり走るのがお勧め。ロードバイクで行く際には、歩けるシューズが必要です。
平日なので、他の観光客もほとんど歩いていなくて、のんびり出来ました。
posted by Go-T at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

当選

家にダンボール箱で荷物が届いていました。
「海外通販してないのに・・・」と思ったら、アメリカからではなくスペインから。

箱を開けると黄色のTシャツが1枚入っていた。
サウニエル・デュバルのTシャツ。どうやら、ブエルタ・エスパーニャの期間中にサウニエルのHPで行っていた、「ステージ優勝者・総合優勝者当てクイズ」で当選したらしい。

確か、ステージ優勝者2回くらいと、総合優勝者を当てた気がする。でも日本にまでわざわざプレゼントを送ってくれるとは思っていませんでした。

HPを確認すると当選者のリストに名前があった。

ひとつ問題は、TシャツのサイズがXL。大きすぎて着れない、どうしよう?

IMG_3328.jpg IMG_3329.jpg
winner.JPG
posted by Go-T at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

実業団レース 2レース終了

週末は富士で、2日連続実業団レースでした。
今年の実業団レースは、4月の実業団カップに続いて2レース目。

1日目は富士スピードウェイでの周回コース36.5km。
王滝でのレース以後、身体の疲れは無いのですが「ロードレースを走る」という実感が湧かずに、中途半端な感じでした。約半年振りの実業団レースについて行けるか不安もありましたが,始まってみるとゆっくりとしたペースにも助けられ、楽に走れました。

最終周回も脚があったので、「スプリントできるかも」と思いましたが、位置取りが悪く前を塞がれてしまったので、無理せず集団ゴールを選びました。
しかしBR3のレースは、運営側で周回表示のミスがあったために、不成立となってしまいました。先頭集団にいた選手のほとんどは、最終周回であることを確認して走っていた様に感じたのですが、残念です。

2日目は富士あざみラインでの、ヒルクライム。
5.7kmでチェーンを切ってしまい、リタイア。
レースは後方からスタート。徐々に位置を上げて、1km付近で先頭集団後方に追いつきました。ここで最初にチェーンが外れ、直して走り出すも連続で外れて、BR3集団最後尾に。
でも、ここからマイペースで登れて、逆にリズムが出来ました。どんどん前の選手を抜いて集中してきたところで、「チェーンがまた外れた」と思ったら、切れていました、レース終了。

仕方ないので、端に自転車をよけて、走っている選手の応援。一般の選手がほぼ登りきるまで1時間くらい応援して下山しようとすると、係りの人に「下山できないので収容車で山頂まで上がってください」と言われ、収容車へ。

あざみラインの収容車は、自衛隊のトラック。
荷台に上がると、ミネラルウォーターと毛布が用意してありました。僕は両方とも断りましたが、自衛隊員の方に「いたれり、つくせりですね」と言うと、「良かったら、チョコレートもありますよ」とチョコレートをくれました(笑)。
一旦山頂まで上がって、BR1のゴールを見た後、下山も自衛隊のトラック。ある意味、貴重な経験でした。

IMG_3319.jpg
posted by Go-T at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

SDA王滝終了

今年の王滝は雨の為、MTB・ランともにコースが変更されました。
16日のMTBは、前半の登りで舗装路が多くなり、後半登りが増えましたが、距離は95km→88kmに短縮。感覚的には例年のタイム-60分。

17日のランは前半登りが増えて、距離も42km→44.7kmに増加。感覚的に、例年のタイム+12分。

16日・17日両日ともに、曇り一時雨。気温は22-25℃くらいで、レースには丁度良い感じでした。

今年のタイム(例年のタイムに換算)
MTB5:18 (6:18)
ラン4:17 (4:05)
3年ぶりにMTBとランの両方を走りましたが、3年前よりも遅くなっています。練習内容を見直す必要がありそうです。
今年は新しいフルサスMTBを使用したので、疲労は例年よりも少なくて済みました。

途中蜂に刺された選手や、転倒して怪我をした選手が例年より多かったのですが、怪我やトラブル無く完走できたので、ホッとしています。
posted by Go-T at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

東京ヒルクライム終了

今日は「東京ヒルクライム」。
約400人の選手が集まり、スタート地点もゴール地点も人・人・人!このコースにこんなに沢山の人が集まったのは初めてではないでしょうか?
地元の方々と主催者の協力で、コースの荒れた箇所はほぼ修繕されていました。

1本目はゆっくり走って、2本目は全力。試走の時より少しだけタイムを縮めてゴール。
レースのレベルはかなり高く、優勝タイムは14分台(スペシャライズド竹谷選手)でした。

お土産に地元で採れた「ジャガイモ1kg」を頂きました。IMG_3289.jpg
posted by Go-T at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

東京ヒルクライム 試走2

週末にチームのメンバーと「東京ヒルクライム」の試走に行ってきました。
6月と先週も試走に行ったので、3回目。前回2回はMTBだったので、今回はロードで登ってみました。

8時半にスタートしたので、既に暑い。現地到着は9時過ぎ。
1本目はHR80%前後に抑えて、一定ペースでチームメイトと一緒に登り23分弱。
すぐに下って、最後尾のチームメイトと一緒に登る。

あまりの暑さに、これで終わろうと思っていましたが、2本目を走るというチームメイトがいたので、一緒にスタート地点まで下りて2本目はタイムアタック。

HR85%から、最後はHR95%まで上げて18:50。
レース本番の優勝タイムは16分台になりそうですね。

とにかく暑かった。
posted by Go-T at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

クリーンな選手、頑張れ!

昨日のステージで勝利しマイヨジョーヌを着たまま、ラスムッセンがTDFから追放となりました。
今年になって、4回ドーピング検査を逃げていたので、TDFに出場できた時点で怪しかった。

モレーニが陽性でコフィディスもチームごと撤退。
パリまで行っても、順位が決まらないかもしれない・・・。

今日(7/26)のJ-SPORTSの解説は今中さん&栗村さん。

ドーピングに関して厳しい批判が入ると思って見ていましたが、2人とも「容認」と取れるような発言や、「他のスポーツの方が酷い」「一般人のほうが風邪薬やカフェインを摂っているので、クリーンではない」と言ったような、論点のすり替えばかりで失望しました。

ドーピング・チェックがあるのはプロ・ロードレーサーだけではありません。
今回のツールで失格・未出走になった選手は「風邪薬」や「カフェイン」で引っかかったわけでもありません。

「ドーピング」は絶対に許されるべきではないし、ルールを破った選手はレースを走る資格は無いはずです。
クリーンな選手達は、今回の事を今日の解説陣のように「酷い」とは取らず、「ルール違反をした選手がいなくなるのは当たり前」、「本当のチャンスが来た」と喜んでいると思います。

僕等に出来ることは、好きな選手を、好きなロードレースを応援し続けることなのだと思っています。
「クリーンな世界」が来ることを望んで。
posted by Go-T at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

週末MTB練習

土曜はチーム員6名でMTBの練習。
峠を2本上って、1本目はゆっくり、2本目はHRを90%まで上げて走りました。
峠を下ってから、雨に降られてしばらく雨宿り。土砂降りの舗装路を走ったので、泥だらけのMTBは綺麗になりましたが、身体が冷えてしまいました。

帰宅後、MTBで実家に移動(25km)。昼間は車や電車よりも速く移動できます。

日曜はSDA用の練習をしました。チームを組む友人と一緒に、まずMTBで山を2箇所2時間走り、その後すぐに1時間トレイルラン。
MTBは最高でも85%(Avg60%)に押さえ、トレイルランは90%以上まで追い込みました(Avg82%)。

来週末は3日連続でレース。雨の中のレースになりそうです。
posted by Go-T at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

MTBでロングライド

Jul1_06.jpg
日曜はチーム員3人で登り中心のロングライドに行ってきました。
僕を含め2人MTB、1人ロード。コースは青梅→五日市→檜原村→上野原→小菅村→丹波山村→奥多摩湖→青梅。

天気が曇りで山間部は少し雨が降っていたけど、登りで余り暑さを感じずに済んだので丁度よかった。
5時間20分、120km乗って特に痛みは出なかったので、MTBのポジションは大丈夫みたい。

昼は丹波山村で恒例の蕎麦。僕は盛り蕎麦大盛り、他の2人は新メニューの冷やし山菜蕎麦でした。
IMG_3241.jpg
posted by Go-T at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

東京ヒルクライム 試走

8月の「東京ヒルクライム」にチームで出ることになりそうなので、試走に行ってきました。

今日は雨上がりだったのと、コースが荒れているとの噂があったのでMTBで。初めて走るコースだし、あまり追い込んだ練習はしたくなかったので、HR150しばりで登ります。
IMG_3191.jpg
昨年のMTBヒルクライム
と同じであれば、この辺りがスタート地点になるはず。

序盤は苔が生えている箇所があったり、穴が開いていたりして、結構路面が悪いし、道幅も狭い。MTBなので気になりませんでしたが、ロードでは走るラインに注意が必要な感じです。途中で凄い勢いで下ってきたロードとすれ違いました。
IMG_3189.jpg
こんな感じの、川沿いの細い道を登っていきます。

上に登るに従って、路面は良くなります。道幅が細い割りに長い直線の登りがあったりして、嫌な感じです。「どこまで続くのかなー」と思いながら走っていたら、突然道が終点。29分ジャスト。
IMG_3188.jpg
沢の水を汲んで、写真を撮りながら下りました。
距離は短いが、思ったよりきついコースですね。
次回はロードで走ってみる予定。

IMG_3192.jpg
多摩川は、鮎釣りシーズン真っ盛りです。
posted by Go-T at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

New MTB

昨年10月に注文して、待つこと半年以上・・・やっと到着したMTB「SCOTT SPARK30」。

今日は久し振りに、MTBで練習へ。
アプローチの舗装路は前後ロックアウトしてリジットで走り、林道に入ってからは前後のサスの動きをチェックしながら1往復。まだバイクの挙動とブレーキの効きが良く判らないので、下りはいつも以上に慎重に下りました。
途中で雨が降ってきたので、退散。

新型リアサスペンションは、従来のモノより軽量ですが、動きがスムーズでセッティングも簡単。
フロントサスペンションのROCKSHOXのREBA SLも、かなり調整の幅が広くて使いやすそう。セッティングの参考にしたのはこのページ

spark30.jpg
posted by Go-T at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

ジロ・デ・イタリア 17ステージ

Giroはまだ終わっていませんが、昨日の17ステージ泣けました。

ロードレースって、やっぱりチームスポーツだ。
Saunier Duvalのファンで良かった。
本当に、シモーニを中心として、素晴らしいチームになった。

そしてレースは続く・・・。

IMG_3139.jpg
ファンクラブ会報5月号 ジロ・デ・イタリア特集より 
posted by Go-T at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

ジロ・デ・イタリア スペシャル・バイク

先週末より、いよいよジロ・デ・イタリアが始まりました。
毎晩生放送を楽しんでいるので、早くも寝不足気味。

ドーピング問題でバッソが出場できなくなり「本命不在」という人もいますが、僕は去年のバッソの走りは疑問ですし、「過去チャンピオンが3人揃い、激しいレースが展開されるのでは?」と思っています。過去のチャンピオン以外に優勝候補に挙げられている、ディルーカも最初から調子が良いようなので楽しみ。

サウニエル・デュバルは3人の選手にスペシャル・バイクを用意しています。
CYCLINGTIME.comに写真がありました。
シモーニのバイクはこちら
リッコのバイクはこちら
ピエポリのバイクはこちら
3台とも、白を基調にカスタム・ペイントされています。

注目はピエポリのバイク。07モデルのAddictでは無くCR1を使っています。Addictのほうが軽く・硬いのですが、軽さはUCIの基準以下には出来ないので、CR1のフレームがピエポリの好みなのかも知れません。
posted by Go-T at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

SAUNIER DUVAL 4

IMG_2977.jpg

Saunier Duval-Prodir Official Fan Club」が設立されたので、早速入会しました。そして昨日、ファンクラブ限定Tシャツ、会報第1号、2007イヤーブックが到着。

イヤーブックは英語ですが、会報はスペインのチームなのでスペイン語(全く読めません・・・)。それでも、オールカラーで写真も多いので、結構楽しめます。

数日後に始まる2007年ジロ・デ・イタリアではベテランGilberto Simoniや若手のRiccardo Riccoの活躍が期待されています。
今になってドーピング問題が再燃しているプロ・ロードレース界において、過去のドーピング問題を反省・克服し「アンチ・ドーピング」のアイコンとしてレースで活躍するDavid Millarの存在も大きいものです。

3年前は凄くマイナーなチームでしたが、注目度も高まり益々楽しみなチームになってきました。
posted by Go-T at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。