2009年08月16日

SAUCONY TYPE A2

前モデル「TYPE A」は踵の作りが最高の素晴らしいシューズでした。
でも、購入したサイズ(ラスト1足)がジャストでトライアスロンのランには向かない・・・。仕方ないので「A2(SAM2008)」を購入。

画像 129.jpg 画像 130.jpg

踵の作りとシューズ内側の作りは前モデルの方が良かった。
「A2」になって良くなったのは、通気性と軽さ。アッパーの通気性もソールの通気・排水性能もA2の方が上。
重量も前モデルより片方で50gも軽くなっています。2足を比較すると、アウトソールの素材が変更になってかなり薄くなっています。それでもミッドソールの厚みはほとんど変わらず、クッションはほとんど変わらない感触。寿命は短いかも・・・。

このシューズで今年の青梅マラソン30km、アイアンマン・マレーシア42.2kmを走りました。アップダウンの多い青梅のコースも、気温35℃のフルマラソンも予定通りのペース(5:00-4:00/km)で走る事が出来ました。

サッカニーのこの2足、足幅はやや細め(A2の方が若干広め)。A2は甲が低いので甲高の人には合わないと思います。
踵が小さくて前足部の高さが低い人には、良いシューズです。(日本のシューズには少ないタイプ)
posted by Go-T at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

SAUCONY TYPE A (SAM2701)

adizero CS4と一緒に購入したシューズ「SAUCONY TYPE A」。
トライアスリートにはおなじみのランニング・シューズです。

画像 077.jpg 画像 078.jpg

SAUCONYは昔から真面目なシューズを継続して作っていて、僕も今までに色々と履いてきました。
CROSS TrailやGRID AmericaやJAZZ3000LA・・・

このシューズは踵の作りが素晴らしい!最近、僕が見たり履いたりした中ではピカイチ。
靴紐を締めなくても「ピタリ」と踵に吸い付きます!
あと、トライアスロンで裸足のまま履くことも想定されているため、シューズの内側の縫製が丁寧。
これもソールに水抜き(空気抜き?)穴が開いています。

当初、今年の青梅マラソンとアイアンマン・ランカウイはこのシューズで走る予定でしたが、購入したサイズがピッタリ(しかもラスト1足)だったのでレース本番はこのシューズの後継モデル「SAM2008」を使用しました。
(アイアンマンではバイク・ランパートでかなり水をかぶるので、ワンサイズ大きめのシューズが必要なのです。)

現在走行距離約500km。そろそろ引退が近づいています。
posted by Go-T at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

adizero CS4

最近使っている(使っていた)シューズをいくつか紹介したいと思います。

まずは昨年秋から履いていた「adizero CS4」。
画像 070.jpg 画像 071.jpg

以前買ったトレイルランニング・シューズ「adizero XT」と同じラストを使用ということで、日本人にあった足型。個人的には、踵がちょっと広いのが気になりました。
「ワイド」モデルもありますが、これより踵が緩いワイドは使えないと思います。

アッパーの素材はメッシュを多用しているので、通気性はかなり良いです。
ソールにも穴が開いていて、通気性・排熱効果が高くなっています。

画像 072.jpg
シューレースまで、手が込んでいます。

サブスリー前後のランナーであれば、スピード練習からLSDまでこなせる、無難なシューズでした。約600km走って引退。
現在は後継モデルの「CS5」が販売されています。

posted by Go-T at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

給付金の使い道 Jam2とMagicSoaps

P1010121.JPG P1010122.JPG
「1/3は趣味のもの」に使う予定でしたが、「日常使うもの」に変更。
購入したのはGolite「Woman's Jam2(旧モデル)」とDr. Bronner's「Magic Soaps」。

「Jam2」はウルトラライト・バックパッキング用としてヒットしたGoliteのバックパック。
これはバックパッキング用ではなくて、妻の通勤用バックになります。
うちには車が無いので、日常の買い物は全て自転車。妻が毎日、バイトの帰りに買い物をして、MTBで帰ってきます。現在使用しているのは、Deuterの旧モデルとOverlandのMiramar。どちらも20L程度。

通勤時は荷物が少なく、帰宅時に買い物をする妻のリクエストは、「バック本体が軽くて、今よりもモノが入れられる」というもの。以前から注目していた「Woman's Jam2」がセールになっていたので、購入しました。日本への入荷は少なかった女性用Sサイズです。
Miramarが22L、690gなのに対して、Jam2は43L、550g(実測)。推奨荷重が14kg迄なので、5〜10kgの買い物に丁度良いサイズです。
これで毎日の「買い物」頑張ってもらいます。1年で200日は使うことになるので、普通のハイカーよりは使い込まれる予定。

一緒に購入したのは、女性にはおなじみの「Dr. Bronner's Magic Soaps」。ペパーミントとアーモンド・フレーバー。

オーガニック/マルチーユース/フェアトレードで有名な洗剤です。うちでも、以前から妻が洗顔用として購入して使っていましたが、顔・身体はもちろん、頭、衣類、食器、食品(野菜等)、ペット、赤ちゃん、シェービング、車、etcと何でも使える(と説明してあります)。
メイク落しにもなるので、マッサージオイルやSPF50の日焼け止め落しにも使えます。

数年前までは日本での取り扱いが少なく高価でしたが、今はかなり安くなっています。
普段は944mlと236mlを使っていますが、今回は最小サイズの59mlを購入。

Jam2が$65、Magic Soaps(2個)が$5で7000円弱。
実際は送料がかかっているので、約9000円でした。
posted by Go-T at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

IRISH SETTER #885

今から15年くらい前にコロラド・フォートコリンズで買った「REDWINGのIRISH SETTER #885」というブーツ。

日本でもメジャーな「レッドウィング」ですが、同じブーツを履いている人どころか、雑誌等で写真を見ることも無い1足。
一年中乾燥しているコロラドでは、履く機会が多かったのですが、日本に戻ってからは出番が減っていました。

昨年の冬にソールが加水分解して見事に崩壊。
画像 148.jpg
ソール以外は全く問題が無いので、ソール・リペアをすることにしたのが、今冬。
修理可能なお店をネットで調べて「靴工房M」に修理をお願いしました。

今回はオリジナルとは別のソールで修理を依頼、1ヶ月程して、リニューアルされて戻ってきました。昨日、久し振りに履いてみたら、やはり最高の履き心地。2日間歩き回っても、全く問題ありませんでした。

これでまた、15年くらいは活躍してくれそうです。
tokyo 017.jpg tokyo 016.jpg
posted by Go-T at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

明かり ‐LightCap 200‐

IMGP6567.JPG

車や電化製品をいくら買い換えても「エコ」にはならないけど、本当に「環境保全」につながると思っている技術に「太陽電池」と「LED」があります。
その2つが組み合わさった「LIGHTCAP200」。
その名の通り、ナルゲンやキャメルバッグなどのボトルの蓋に、太陽電池とLEDライトをつけた商品。
ボトルに水を入れてライトを点けると、やさしい光が広がりランタンになります。
もちろんキャップを「LIGHTCAP200」に交換しても、水や飲み物を入れてそのまま普通のボトルとして使用可能。
アウトドアで使うのも良いのですが、僕は間接照明として普段も使っています。

画像 133.jpg 画像 132.jpg
posted by Go-T at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

Mountain Smith DayPack

IMG_3536.jpgIMG_3535.jpg
愛用GOODSネタ。
マウンテンスミスのデイパック。写真右が初代12年もの
大分くたびれてしまったので、昨年新しく購入したのが写真左。

普段の通勤で写真のモノを入れています。
中身は、弁当、ボトル(500mlX2)、水泳Goods一式、パンク修理セット、空気入れ、タオル、雑誌、携帯、財布、社員証、ライト等など。この位入れても余裕があります。
雨が降りそうな日には、これらプラス雨具を入れています。これだけの量がしっかりと入るウエストバッグは少ないです。

自転車通勤の際に、一番使用頻度が高いのが、このDayPack。
12年使って、ドローコードは伸びきってしまい、ポケット部分が1ヶ所ほつれて縫い直しました。それ以外は、トラブル無し。

新しいモノは基本的な構造は変わらずに、マイナーチェーンジのみ。変わった所は
・アッパーの素材が1種類から2種類に
・オムニベルトにメッシュパッドが付いた
・両サイドのメッシュポケットに補強
・ショルダーストラップのパッドが大型化
・コンプレッションベルトの位置が横から縦に
・バッグの内側が黄色
・ドローコードがリフレクター素材
12年前にほぼ完成形だったので、大きく変える必要は無かった結果ですね。ですがマイナーチェーンジで確実に使いやすくなっています。特にバッグ内側が黄色になったのは、中のモノが見つけやすい。リフレクターが付いたのも、夜走る者にとっては嬉しい改良点。

残念なのは、アメリカ製からベトナム製に変わってしまった事。
チェックした限りでは縫製に問題は無さそうなので、問題ないのではと思っていますが、こればかりは後10年使ってみないとわかりません。
IMG_3539.jpgIMG_3537.jpg
posted by Go-T at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

ACORN その2

IMG_3532.jpgIMG_3533.jpg
ACORN SOXでも寒い時に使うのが、これです。
12-3年前にコロラドのREI店舗で購入。
現行モデルが無いけど「POLAR PAIR」という形に近く、作りがもっと単純です。

かなり寒い時でも、普通の靴下+これで寒くありません。(SOXと組み合わせると、暑いくらい!)
アッパーの素材がフリース、ソールが合成皮?のような素材なのですが、丸洗い出来て手入れも楽。
妻が履いている「POLAR PAIR」の方は、アウトソールがゴム、アッパーはフリースとスウェード。
こっちも手洗いは出来ます。

「頭寒足熱」と昔からいうけど、足元が暖かいと冬も楽です。
posted by Go-T at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

ACORN SOX

IMG_3531.jpgIMG_3530.jpg
うちは集合住宅の小さい部屋なので、あまり暖房を使わない。今冬もまだ使っていません。

ですが、リフォームで一部屋除き全てフローリングにしているので、足だけは寒い事が多くなります。
そこで、家ではACORNのソックスを使用。
紺色の方は10年くらい前に、オッシュマンズで購入。セールで1000円位だったと思う。(日本の定価は3000円くらい。)

フリース素材で暖かいけど、暑くは無い。洗っても直ぐ乾きます。
数年前に類似品を500円くらいで買ったのですが、縫製が悪いのか履き心地が悪い。さらに耐久性が無くて、最初に購入したACORNより先に踵の縫い目が切れてしまった。やっぱり見た目だけコピーしてもダメなんでしょう。

水色ベースの方は、昨年購入、セールで$8(アメリカ定価は$15)。

昔コロラドでは、冬でもビルケンやTEVAのサンダルにACORNという組み合わせの学生が沢山いました。
今ならClocksやWaldiesと合わせているのかな?
posted by Go-T at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

MTBシューズ

IMG_3529.jpgIMG_3528.jpg

9月の王滝レース前に、MTBシューズを注文しました。しかし、その時点で代理店在庫切れ。
12月になって、注文していた「MTB BULLET2」08モデルがようやく入荷しました。08モデルといっても変更点はないのですが、値段だけ08バージョン(値上げ)です。

以前のシューズ「SIDI MTB BULLET」は2002年に購入。5年以上使っています。

泥や砂の中を走るMTBでは、シューズの耐久性はとても重要。
僕のまわりで、MTB BULLETかMTB BULLET2を使っていて、壊れて買い換えた人はいません。僕のMTB BULLETも、SPDクリートが減って1度交換。アウトソールも大分減っていますがまだ使えます。
なにより、ヒールカップが若干広がっただけで、問題が無いのが凄い。
ランニングをする人なら判ると思いますが、シューズは踵の作りが凄く大事。ここが広がってしまうようでは、他が大丈夫でも使えません。

MTB BULLETからMTB BULLET2へは、大きな変更は無くマイナーチェーンジのみです。
ただ生産国がイタリアからルーマニアに変わっています。ルーマニアは靴産業も有名なので、品質低下は無いと思います。
posted by Go-T at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

Air Minot 加水分解

木曜は雨の予報だったので「Air Minot」を履いて出勤。

歩いている時に、何かソールに違和感が・・・と思ったら、加水分解でソールが剥がれかけていました。
このシューズは「ゴアブーティーで完全防水+ミッドカット+軽量」とかなりバランスの良いシューズだったので、残念。

同じシューズを持っていた、弟と母は数年前に駄目になっていたので、僕のは長持ちした方でしょう。

上のページに載せていた「Air Kumph Plus」も随分前に駄目になったので、現時点で所有している「雨用スニーカー」は「EQT. BADLANDER」と「Montrail Hurricane Ridge」(初代モデル)。

NikeやAdidasのアウトドア・ラインは、随分前から良いシューズが無くなっているように感じる。
「Montrail」は「One Sport」時代から、良いトレイル・シューズを作り続けてきたけど、コロンビアに買収されてしまったので、この先少し心配。
posted by Go-T at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

George Hincapieのサングラス

ヒンカピーのトレードマークは、この数年「白のOakley Racing Jacket」でした。僕がこのモデルを探していたのは、ここでも書きました。
ついに去年「白」ではありませんが「Pearl」の「Racing Jacket」を見つけて購入。今シーズンは「Monster Dog」と併用しています。

「Racing Jacket」はフレームを折りたたむ事が出来ません、これは欠点です。ですが、その代りに装着感はOakleyのサングラスの中でも抜群です。
レンズにベンチレーションの為の穴が開いているので、スピードが落ちるヒルクライムやMTBライドでも、内側が曇り難くなっています。逆に風の巻き込みは「Monster Dog」と比べて増えます。
「VR50 (Transition)」と言うレンズは光の透過率が10-50%の間で自動的に変化するので、途中で天候が変わるような長時間のレースやロングライドの際にも便利です。
白いフレームのサングラスは目立ちます。雑誌やWEBにレースの写真が載ったときにも、見つけやすいです。(今月の雑誌にも小さく載っていました)

ところで、今年のジロ・デ・イタリアに登場したヒンカピーが使用していたのは、最新モデルの「RADER」の白でした。やはりスポンサーの新製品、使わない訳にはいかないようです。
posted by Go-T at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

New Running Shoes

IMG_2890.jpg IMG_2889.jpg
明日は青梅マラソン。痛めた足首は完治しなかったので、残念ながらDNSとなりました。
画像は、明日のマラソンで履く予定だった新しいシューズ「NIKE AirZOOM KATANA3」。奥の白が今まで履いていたレギュラーモデル。手前の黒赤が「NIKE iD」で作られたスペシャル・カラー。同じシューズでも色が違うだけで、かなり印象は異なります。

最近3年程の間に使用したランニングシューズは「NIKE AirZOOM KATANA(2ndカラー)→PUMAコンプリートプライアント→NIKE AirZOOM KATANA3→PUMAコンプリートプライアント→NIKE AirZOOM KATANA3」。常に2足を交互に履くようにしています。

足型は同じメーカーでもモデルごとに違うので、自分の足に合うものを探すしかないです。僕の場合、「NIKEのKATANA」でも1stモデルの3rdカラー以降や2ndモデルは足に合わずダメでした。 黒赤のKATANA3は、白のモノとアッパーの補強素材が違い少し馴染みにくい所があります。
posted by Go-T at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

Oijin ダッチオーブン

注文してから約1年。
ついに「及甚 ダッチオーブン」が到着しました。
普通のダッチオーブンと違い、南部鉄器特有の「漆の焼付け」がされていて、肉厚も他社製品の20%増し。
鍋本体と蓋の重量が10kg以上あり、ロードバイクより重い。「五徳」を入れると12kg以上あるので、フルサスMTBよりも重い!
このダッチオーブンはアウトドア/インドア共に使用できるように鍋本体には脚は付いていません(その代り専用の五徳が別売りされています)。蓋にも厚みがあるので、こちらも五徳に載せて料理に使用できます。蓋には名前入れもら可能。

使い始めとして、「豚のスペアリブ」を作ってもらいました。
少し焦げてしまったけど、味は最高。肉は柔らかく、簡単に骨から剥がれました。
これからレシピ増やしていきます。

IMG_2915.jpg IMG_2914.jpg
posted by Go-T at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

ORTLIEB ZIP-CITY

IMG_2244.jpg
 毎日の自転車通勤には「Miramar」や「DayPack」を使う事が多いのですが、雨の多い季節になるとORTLIEBの「ZIP-CITY」の使用頻度が増えます。

 一番の利点はなんと言っても「完全防水」。台風のなか走っても中身は全く濡れません。MTBで泥や砂がはねても、軽く拭くだけで汚れも落ちてしまいます。容量も23Lと十分。
 欠点はジッパーが重たい事と、ポケットが少ない(外側には無い)事。
 「TIZIP」という防水ジッパーは開閉に力が要るので、付属のグリスを時々塗る必要があります。それでも、女性だと大変かもしれません。
 内側に小物を入れるための小さなポーチがついていますが、外側にポケットはありません。僕は携帯電話ケースとライトのケースをベルトに付けて使用しています。

 メインの生地がステッカーやシールが貼れる素材なので、リフレクター・テープやステッカーを貼って使用しています。
posted by Go-T at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

G-SHOCK電池交換・Ploarスピードセンサー改造

 時計は幾つかのモノを使い分けています。バイクやランの練習時にはもちろんPloar710i。普段はLuminoxやG-SHOCK。G-SHOCKは最近は電池切れの心配のない「G-5700-1JF」をメインに使っていましたが、時間が出来たので止まっていたG-SHOCKの電池を交換。今回交換した電池はCR2016だったので100円ショップにも売っていますが、G-SHOCKは型番によって使用電池が違うので注意が必要です。
 電池交換自体はそんなには難しくありませんが自己責任で。裏蓋がネジ止めの時計の電池交換は自分で行うことが多いのですが、一番難しかったのはデータバンク。LuminoxやPolarは簡単です。
 
 Ploarといえば日本語HPの「ポラールSシリーズ用スピードセンサーの取付けに関する注意事項!! 」から、スピードセンサーの送信距離延長方法が説明されたPDFがダウンロード可能。60-110cmの間で変更可能なようです。

IMG_1601.JPG
電池交換の済んだ「DW-8800AB-9T」。バンドのメッセージは
「LE DESESPOiR EST UNE iNSULTE A L'AVENiR!
(YOU ARE WONDERFUL AND I LOVE YOU!)」

 
posted by Go-T at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

通勤用MTBのライト

IMG_0987.JPG
 1ヶ月程前に、通勤用のMTBのライトを数年間使用していた「ZEFALダブルビジョンフラッシングライト」から、「LED LENSER V3」に変えました。「ZEFAL」のライトもハロゲン球モードで使えばそこそこ明るかったのですが、やはり電池の持ちが良くないので別のライトを次の条件で探しました。

1.今のライトよりも明るく軽い
2.今のライトよりも電池の持ちが良い
3.単3電池使用
4.出来ればミニマグライトと同じ直径
 「1、2」の条件を満たすとなれば、候補はLEDライトに絞られます。「3」の条件は現在使用中の単3充電池を流用するため。「4」の条件を満たせば、以前使っていたミニマグライトのバイク用ホルダーも流用可能です。

 この条件から絞り込んだのが、「LED LENSER V3」。1W-LEDを使用、単3電池1本で3.5h点灯できる軽量LEDライトです。こちらのサイトに詳しく紹介されています。

 しばらく使ってみましたが、予想以上に使えます。明るさは単3電池1本とは思えない程で、妻の使用している「CATEYE HL-EL500」よりも明るく見やすい感じです。何より小さく軽いので、取り外しての携帯も苦になりません(専用のポーチも付属しています)。特に防水をうたってはいませんが、何回か雨天時にも使用しましたが、問題ありませんでした。電池の持ちも実測で3h20mは問題なしでした(通勤片道20分x10日間)。質感も高く、長く使えそうなライトです。
IMG_0986.JPG IMG_0989.JPG

写真左:ミニマグAAとのサイズ比較
写真右:側面に空けられた穴も、通勤自転車用としては有効

故障
posted by Go-T at 19:25| Comment(0) | TrackBack(1) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

iPodShuffle2

 今までは妻のモノをいつも借りていましたが、値下げされたのを機に、自分用「iPodShuffle512MB」を購入。自分の使い方だと512MBで十分。240曲入れても電池が持たないのと、半分Music、半分Dataで使っても、頻繁に使うDriver/画像ファイル/エクセルデータ/テストツールは100MB弱なので大丈夫。

 iPodShuffleの良いところは丈夫で手軽な点。ランニングの時に使うのがメインですが、1年間使って、落としても、少しくらいの雨にぬれても、汗でぬれても問題なく動いています。聞く所によると、ポケットに入れたまま洗濯しても動いているモノも結構あるらしい。
 最初はケースが必要かと思いましたが、1年使って不要だということがわかりました。ケースに入れると「22g」という利点が無くなってしまいますし、好きなデザインをシール用紙に印刷して張りかえるのが、気楽で楽しい。

ipod2.JPG ipod3.JPG
 ということで、今回貼ったステッカーは「スナフキン」。よく見ると、釣りをしながらiPodShuffleを聞いています。縦書きのメッセージは「Life is random.」。一緒に購入したUSBカバー・クリップを付けて、リストバンドに挟み、ランニングで使います。
ipod4.JPG
posted by Go-T at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

Tea habit

 僕は、お茶を良く飲みます。種類も様々、日本茶、中国茶、紅茶・・・。
 朝食には牛乳、コーヒー、ココア、ジュースを飲むことが多いのですが、ミルクティーも週に1度くらいは飲みます。会社にはNalgenのボトルに入れた冷たい麦茶と、ポットに入れた暖かいお茶を持って行きます。お茶の中身は、ハーブ・ティーやルイボス・ティー、ほうじ茶、玄米茶等、カフェインの入っていないモノや少なめのモノを入れています。
 そして帰宅後、夕食前と夕食後に2-3度お茶を飲みます。この時は紅茶、中国茶が中心です。
 バイクやランの練習時に持って行くボトルにも、紅茶や麦茶を入れることが良くあります。
 ペットボトルや缶のお茶を飲むことはほとんど無く、紅茶も中国茶も日本茶も茶葉で購入してくるので、キッチンの小さな戸棚には常時小さな小瓶に入った10種類近くのお茶が並んでいます。
 
 「お茶の世界」と言うのは、和洋問わずに奥が深いモノなのですが、僕は作法や茶器にこだわりが無いどころか、かなりいい加減。どのお茶も同じ急須かフレンチ・プレスで入れていますし、一煎一煎味わうというより、マグカップでがぶ飲みしています。
 こんな僕ですが、毎日飲むお茶だからこそ、美味しくて手頃な値段のモノを常に探しています。紅茶、特に「フレーバード・ティー」を良く購入するのが「LUPICIA」。ここのお茶は6-7年前、昔の職場の女の子が教えてくれた「マスカット」のフレーバード・ティーが最初でした。「LUPICIA」のお茶は大体50gで400-2000円位の値段です。毎年年始に「福袋」が発売されるので、この数年は利用しています。今年の福袋の中身がこの写真です。「LEPICIER」の頃と比べると、お買い得感が減ってしまって残念。
 tea.JPG
 写真右下に写っているお茶は、福袋とは別で「超特級阿里山冬茶」50g2500円で、僕が買ったお茶の中では最高額です。でも僕に中国茶を教えてくれる友人曰く「実はボージョレー2本分のお値段で、30Lくらい飲めるのでとても経済的です。」との事。確かに安い中国茶にあるような癖は全く無く、7煎目までしっかり味わって楽しめるので、僕のようにがぶ飲みしてしまう人にも、少量を味わって楽しむ人にもお勧めです。
posted by Go-T at 00:41| Comment(2) | TrackBack(1) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

Christmas Presents from LIVESTRONG

 今日、少し遅れたクリスマス・プレゼントが届きました。
 2週間前にここで頼んでいた品物です。昨年LIVESTRONGを頼んだ際には、品薄のため品物が到着するまで約2ヶ月かかりましたが、今回はクリスマス・シーズンにも関わらず、予想より早く到着しました。

livesXmas.jpg

 黒いニット帽とソックスは自分用。黄色/灰色のニット帽は妻用。Nalgenのボトルには黄色で「LIVESTRONG」のロゴ入り。予備のリストバンドが切れてしまって、今付けているのが最後になってしまった、「LIVESTRONG」リストバンド(Youthサイズ)も、友達の分も含めて10本購入。合計で$66、送料が$11.06でした。
posted by Go-T at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | GEAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。