2004年07月26日

自転車での怪我(擦過傷)の治療経過 −その5−

早いもので落車から5週間。まだ完治していないので「その5」。

肩の打撲には湿布。痛みは小さくなっているのでボルタレンSRを1日1錠。再び開いた大腿部の傷はソフラチュール+カテリーパッド。

5週間後の経過
・肩の打撲は日常生活ではほぼ痛みが無い程度にまで回復。右肩を下にして寝たり、重いもの(5kgくらい)を持つと痛む。水泳はまだ無理。
・右大腿部の擦過傷は1X3cm程度に小さくなった。かさぶたは出来ず、綺麗に治りつつある。

このBlogでも紹介した「キズパワーパッド」が、かなりの人気で品切れ状態だそうです。実際は「大きめサイズ」の方が使う機会が多い気がします。「大きめサイズ」と言っても実際は直径1cm程度の傷にしか使えないので、希望としては「特大サイズ」を出してもらいたいですね。


posted by Go-T at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。