2009年06月11日

給付金の使い道 「シニフィアン・シニフィエ」のパン

「美味しいもの」に使う8000円。
まずは、以前から妻が食べてみたかった「シニフィアン・シニフィエ」の通販でパンを購入しました。

今回頼んだのは、
「パン・ペイザン」1/2個 700円
「バゲット・プラタヌ」1本 480円
「パン・オ・ヴァン」1/2本 1800円 +送料500円で計3480円

評判はかなり高いお店だけど「値段が高い」のと「冷凍」なので、少し不安もありました。そして届いたパンは・・・噂どおり凄い!

P1010103.JPG P1010104.JPG
「パン・ペイザン」はカンパーニュ系のパン、デカイ。
うちの夫婦はハード系のパンが好きなので、カンパーニュの美味しいパン屋さんが、パン選びの基本になります。
僕はパンの「耳・皮・クラスト」の部分が好きなのですが、この「パン・ペイザン」はクラストの硬さが絶妙。クラストだけ食べていたいと思えるくらい。そしてクラムの部分も(小麦の)甘さがはっきりとわかり、もちもち感も凄い(実際ちょっと伸びる)。

P1010083.JPG P1010086.JPG
「バゲット・プラタヌ」は普通のバケットよりも細長い。こちらはクラストはしっかりとした固さ。クラムには、やはりはっきりとした味(甘味)があり、そのままでもいけるし、バターやクリームチーズ、オリーブオイル等との相性も抜群。

「パン・オ・ヴァン」は水のかわりに赤ワインを使ったフルーツたっぷりのパン。
実際はナッツ類、イチジク等のフルーツが多すぎて、パンは「つなぎ」状態になっています。「フルーツケーキ」とも違うし「パン」でもない・・・「パン・オ・ヴァン」という独立した食べ物のような感じです。
この系統のパンでは、圧倒的な具の量とそのバランスで他のパン屋は太刀打ちできないのでは、と思えるほど。

注文前の不安は杞憂に終わりました。通販(冷凍)でこの味なのだから、店舗で直接購入出来れば更に美味しいのは間違いないと思います。他のパンも試してみたくなりました。
posted by Go-T at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121311898

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。