2006年01月22日

水墨画の世界

 昨日は雪で走れなかったので、今朝チームメイトとランニングへ。

 雪が若干残る中、いつものコースでトレイルの入り口まで行きましたが、トレイル内は雪が多かったので、コース変更して、谷沿いの道を走る事にしました。民家もほとんど無い道路は、車の踏み固めた轍は残っていますが、人が歩いた跡はありません。谷沿いなので、木々に積もった雪もまだ大分残っていて、雪の「白」と逆光の「黒」が創り出すモノトーンの世界。まるで水墨画の風景の中を走っているようでした。僕ら以外は人も車も無い約2qの区間。時折風に吹かれて木立から舞い落ちる粉雪を浴びながらゆっくり走るのは、寒さを忘れる気持ち良さでした。カメラを持っていけば良かった・・・。

 車の多い道路を走るのは嫌なので、帰りも同じコースを走って来ました。帰りには数台の車と一人のランナーとすれ違い、改めてあの時間あの風景を独占できた幸運に感謝。
posted by Go-T at 22:11| Comment(2) | TrackBack(1) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最高の景色でしたね。もう、あんな機会はないかな〜。
Posted by くろ at 2006年01月23日 23:14
きっとまた機会はあります。
今度雪が降ったら、トレイルに入りましょう!
Posted by Go-T at 2006年01月24日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12090059

この記事へのトラックバック

ランニング
Excerpt: プールから帰って食事をしたら、早々にランニングに出かけました。 まず、鶴見川を上流方向に走り、芝溝街道・並木交差点を右折して、野津田公園に行きました。野津田公園の陸上競技場のフィールド部分もすっかり..
Weblog: Junya's Triathlog - Road to Kona
Tracked: 2006-01-25 16:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。