2008年02月29日

自転車ブームと「ルック車」・自転車と「ECO」

「ロードレーサーの人気が出ている」と様々なメディアが取り上げるようになりました。確かに道を走っていても、ロードレーサーとすれ違う事が多くなってきています。
なのに自転車店で話を聞くと、「都内でロードレーサーの売り上げが増えている訳では無い」との事。一見「ロードレーサー風」のいわゆる「ルック車」が増えているのでしょう。
10数年前、「MTBブーム」の時にも「MTBルック車」が増えました。

「自転車=エコ」と言う宣伝も目立ちます。
「エコ・ECO」ってなんでしょう?「Ecology=生態学・生態系」だし、「Ecological=生態学の、環境上の」と言う意味です。「環境保全」と言う意味ならばしっかりと「Environmental Conservation」と言うべきだし、「環境に優しい」だったらせめて「Eco-friendly」であるべき。
「エコ・ECO」が商品を販売する際の、安易な免罪符になってはいけないと思います。
大量生産されて、安売りされる「ママチャリ」や「ルック車」は決して環境には優しくありません。「自転車はCO2を出さない」と言われますが、自転車は生産される時と廃棄される時に大量のエネルギーを使い、大量のCO2を排出しているのです。耐久性が低く、数年で産業廃棄物となってしまう自転車では環境に負荷をかけるばかり。
「1台を大切に長く乗り続ける」事で初めて「自転車=環境に優しい」と言えるのだと思っています。

「ルック車」や整備が行き届いていない自転車では、楽しみも半減。それどころか事故につながり、自分や他人に大きな被害をもたらす危険を持っているのです(自転車=車と考えた方が良いでしょう)。

こんな日記を書くきっかけになったのはmtrblogさんの「自転車流通の矛盾と罠」と「我々自転車乗りの使命とは」というエントリーを読んだからでした。

出来るだけ沢山の人に、「自転車の楽しさ」を知ってもらいたい。
posted by Go-T at 23:03| Comment(4) | TrackBack(1) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

雪 Walking・TrailRunning・MTB

IMG_3597.jpgIMG_3600.jpgIMG_3601.jpg
東京は、「雪の週末」が続きました。
参加予定だった「青梅マラソン」も雪で中止。(レースの代わりに、前日に1人でコースを走りました。)

今週末は久し振りに「晴れ」。
ですが、いつものトレイルへ行ってみると、北斜面にはまだ雪がかなり残っていました。
尾根沿いの雪はほとんどなくなっていますが、ぬかるんだ箇所が多くなっていて、MTBが走った後がすでに轍になっています。
ぬかるんだシングル・トラックに出来た轍は、ほうっておいても元には戻らずに徐々に深くえぐれて行くだけ。
出来たばかりの轍であれば、埋めるのにもそんなに時間はとられないので、何箇所か轍を埋めながら走りました。

普段はMTBでブレーキをかけてもなんとも無いトレイルも、ぬかるんでいたりすると、あっという間に1cm、2cmと削れてしまいます。日本で表土が1cmできるのには、普通は100年以上かかります。
表土を削ってしまうのは、トレイル・ランニングでも同じです。「トレイルランニングは自然に負荷をかけない」と言う人もいますが、それは間違っていると思います。
特に雨の日には、MTBもトレイルランニングも環境に対する負荷が大きくなる事を忘れてはいけないと思います。
ゴルフで行われている「埋め土」と言う行為は、自然の中で行われる、トレイルランニングやMTBでこそ行われるべきでしょう。

トレランの後はMTB。今日はトレランで走ったコースをMTBで走るとトレイルに対するダメージが多すぎるので、予定を変更してダブルトラックのジープロードの方に走りに行きました。
アプローチの舗装路にも完全凍結の箇所が200mくらい残っていて、凍っている車の轍を避けて、中央の雪の部分を走っていたら、ハンドルがふらついて凍りついた轍に戻った瞬間に転倒。でも10cmくらい積もった雪の上に倒れたのでダメージは無し。
ダブルトラックの北斜面には更に雪が残っていて、多いところでは15cm。走っている途中でMTBが止まってしまい、雪の中をMTBシューズで歩いたので、足が濡れてしまいました。

posted by Go-T at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。