2006年09月18日

王滝惨敗

 最高の練習と最高のコンディションで望んだ王滝MTB100kmレースでしたが、何故か序盤から全く力が入らず、我慢して走り続けましたが更に体調は悪化。
 何とか完走したものの惨敗でした。
 18日のトレイルマラソンはDNS。

 また来年、挑戦します。
posted by Go-T at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

8月の練習

 4月から7月までは毎月レースが続いていましたが、8月はレースにはエントリーせずに練習だけしていました。
 8月後半3週間の平均練習時間は15時間を越えて、今までで一番練習が出来ました。(違った見方をすると、今の自分の体力ではこれ以上の練習量は時間があっても、こなせません。)

 一番良かったのは、今シーズンは(数回落車等はありますが)、病院に長期通うような怪我をしていないこと。この調子で、怪我に気をつけて9月、10月のレースも楽しみたいと思っています。
posted by Go-T at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

復活の時

vlt06st14-millar.jpg 
 ブエルタ・ア・エスパーニャ第14ステージの個人TTでサウニエルのデイヴィッド・ミラーがステージ優勝
 かつてTT世界チャンピオンだったミラーは、禁止薬物摂取により2年間レース出場停止。今年のTDF直前に、レースに復帰しました。復帰直後のTDFでは以前のような活躍は出来ませんでしたが、ブエルタでは、連日逃げを見せたり、ゴール前でチームメイトを牽引したりと大活躍。そしてついに、得意分野である「個人TT」での勝利。

 レース後のコメントでは「ドーピング無しでも最高の走りは出来る」ということをアピールしていました。
 「ドーピング疑惑」吹き荒れる自転車レース界にとって、一度はドーピングによって全てを失ったものの、クリーンな身体で再起を果たしたミラーの勝利は「一筋の光明」のように思えます。
posted by Go-T at 15:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。