2006年03月31日

ハイキング

 いつもはバイクやランで走り回ってばかりなので、有休を取ってのんびりハイキングをしてきました。
 家から一歩出れば、すぐにハイキングコース。まずは「そろそろ時期だな」と思っていた「カタクリ」を見に近くの雑木林の斜面へ。いつも微妙に開花時期を逃していて「満開」ということはなかなかなかったのですが、今年は丁度満開。アズマイチゲも一緒に開花していました。

 しばらく舗装路を登った後、普段ランやMTBで走っているトレイルに入りました。いつもと違うゆっくりしたスピードで歩くと、見える景色も違い、新鮮な感覚。林床には様々な植物が芽や花を付けているのですが、殆ど種類は分かりませんでした(ツボスミレ類やカンアオイ類もあったようです)。平日の午後なので、誰にも会うこともなく、トレイルを独占。途中から天候が崩れ急に気温が下がり雨まで降ってきましたが、家近くのフィールドだったので、濡れることなく帰宅できました。たまにはハイキングも良いものです。

katakuri.jpg azumaitige.jpg

posted by Go-T at 21:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

通勤用MTBフレーム交換

IMG_1481.jpg
9年間ほぼ毎日使用した、通勤用MTBのフレームを交換しました。

交換したフレームはSCOTTのエンドルフィン。カタログ販売はされなかった96年式の「TeamIssue」。1000km程度走行後、フレーム状態でお店に吊るされていたものを譲ってもらいました。走行距離が少なく保管状態が良かったので、まだ剛性が落ちていません。10年経っても新鮮なデザイン。

Fフォークは中古の頂き物。ほとんどの部品は前のMTBからの乗せ代えでなので、色々な年代のパーツがごちゃ混ぜです。

フレーム:96SCOTT ENDORPHIN THERMOBRID(TeamIssue)
Fフォーク:01ROCK SHOK SID SL
クランク:00SHIMANO XT
FD:01SHIMANO XT
RD:99SHIMANO XTR(RAPID RISE)
シフター:99SHIMANO LX
Fブレーキ:04SHIMANO LX
Rブレーキ:97AVID 1-D
ブレーキレバー:97AVID 1-D
サドル:03SCOTT RACING
ホイール:ショップ手組み(ARAYAリム、03SHIMANO LX HUB、星♯14スポーク)
その他パーツは97SCOTT EXPERT RACINGから流用(一部加工)してもらいました。

このフレームは細かな変更を加えながら2000年まで販売されていまいました。
今でもレース会場等で乗っている人を時々見かけます。レースに使用することは無いので、通勤で大事に出来るだけ長く乗っていくつもりです。

IMG_1482.jpg IMG_1480.jpg
・綺麗なリア・ビュー ・フレームには「TeamIssue」のロゴ
posted by Go-T at 20:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

虚弱体質?

 スポーツクラブで「最新鋭の機器で、体成分分析が出来ます!」とあったので、測定してきました。測定料金525円。
 水着で大きな体脂肪計のような測定器に乗って両手にセンサーを握り、身長・年齢を入力して測定スタート。測定自体は1分ほどで終了。結果がプリントアウトされ、インストラクターが結果を説明してくれました。「では説明させていただきます。総合判定は『虚弱』です」。いきなり「虚弱です」と言われてビックリしました。1週間に10時間以上走ったり、泳いだりしても「虚弱」なんです・・・。

 後で「検査結果の見方」をよく読むと、総合判定は「虚弱・標準・発達」しかなく、「筋肉量」が標準より少ないと「虚弱」と判定されてしまうようです。174cmの標準は70.9kgとなっていましたが、そんなに体重あったらランもバイクも走れなくなりそう。体脂肪率そのままで、70kgまで体重を増やすと、HEROSのミドル級選手並みにマッチョになります。
 
 「総合判定」の基準は良く判らないものでしたが、各測定項目は普段測れないモノが多く参考になりました。体脂肪率や体脂肪量だけではなく、腕・脚の左右の筋肉量と胴体の筋肉量。内臓脂肪と内臓脂肪面積等など。

主な測定結果
・身長 174cm
・体重 59.3kg(昼食前)
・基礎代謝量 1450kcal
・1日の必要エネルギー 2233kcal
・体脂肪率 8.8%
・皮下脂肪量 4.7kg
・内臓脂肪量 0.5kg
・筋肉量 50.6kg(右腕3.42、左腕3.41、右足、9.68、左足9.52)

 昼食前ということもありますが、思ったより体重と体脂肪が少なくなっていました。理想は筋肉であと2kg増やしたいところです。そうすれば、筋肉量も「標準」になるので「虚弱」から脱出できます(笑)。
posted by Go-T at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

奥多摩湖ツーリング

 数ヶ月振りに、奥多摩湖方面へ走りに行きました。
 今回のメンバーはチーム員4名。4名であってもチームジャージで走っていると「チーム練習」の雰囲気は十分?
 青梅から檜原村を抜けて、奥多摩周遊道路を登りました。一緒に走った高校生が登りでばてたので、僕は終始HR70%以下のLSDモード。峠の上には、まだ雪が少し残っていました。奥多摩湖に下った後、丹波山村へ向かい、「やまびこ庵」で昼食休憩。暖かい「掛け蕎麦」を頼もうかと思いましたが、「蕎麦湯」が飲みたかったので「盛り蕎麦セット」を注文。食後の蕎麦湯で温まりました。
 
 帰りはショートカットで、青梅街道を真直ぐ下りましたが、途中までは向かい風と横風。青梅市内に入ると追い風になりましたが、更に風が強くなり、看板やパイロンが飛ばされていました。何度か風にあおられてヒヤッとしましたが、無事帰宅。 冬の間、HRを押さえてじっくりとRUN/BIKEをやったおかげか、去年の同時期と同じペースでもかなり低いHRで走れている感じです。

 帰宅後、紅茶を入れて、頂きモノの「DOUGHNUT PLANT」のドーナツを2つ。甘さこってりのアメリカ風ドーナツで、運動の後に丁度良い甘さでした。
dohnut1.jpg
posted by Go-T at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

月光

 昨晩走り出すと直ぐに、やけに周りが明るい事に気が付きました。後ろを見ると綺麗な満月。月明かりに照らされた街道沿いの梅を見ながら、のんびりLSD(ランニング)。週末は梅の花目当ての観光客で混雑する街道も、夜になれば車の通りも少なくランニングには丁度良い感じです。

 1時間程走って折り返すと、今度は正面の少し視線を上げたところに満月が出ていました。丘陵沿いのジョギング・コースは、一本脇道に入れば車も人通りも殆ど無く、上を見ながら走っていても大丈夫。復路は1時間満月を見ながらのジョギングとなりました。満月の脇を飛行機が横切り、夜空に引かれる飛行機雲を発見。見慣れた飛行機雲も、夜空に見えると不思議な感覚。
 こんなに長い時間満月を眺めているのは初めての経験かも知れません。それなりに忙しい毎日の中で、ゆっくり満月を眺め好きな曲を聴きながら走れるなんて、ちょっと贅沢な気がしました。

 丁度iPodShuffleの中には鬼束ちひろの「インソムニア」を入れていたので、満月を眺めながら「月光」をリピート。気持ちの良い2時間となりました。
posted by Go-T at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

MTBで山へ

 弟が昨日から泊まりで来ていたので、チームメイトを誘って3人で近くの山へ。
 3人のレベルが近いので、一緒に走っているとペースが上がり気味で、HRもいつもより高め。細かな登り返しが続く尾根沿いを走るので、自然とインターバル的なトレーニングになってしまいます。
 下り基調なシングルトラックで、弟がハンドル操作を誤って前転1回転。「1回転クラブ」の仲間入り、といっても会員は僕だけ(練習・レースで5,6回転経験済み)。幸い軽症で済んだようです。
 
 帰宅後はMTBのポジション調整。弟はステム位置を下げて、ハンドル幅のカット。僕もハンドル幅を2cmカットして、しっくり来るポジションになりました。

scottmtb3.jpg
3台ともにSCOTT。
posted by Go-T at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

「Odds -オッズ-」

 先週からヤングサンデーで石渡治の「Odds-オッズ-」という自転車マンガの連載が始まりました。

 最初は「競輪マンガ?」と思うような出だしですが、どうやらロード・レースが重要なファクターになってくる様子。競輪のレース中の駆け引きも、良い感じで描写されています。
 石渡治は「BB」や「LOVe」で有名な漫画家ですが、日本で唯一のトライアスロンマンガ単行本である「満月に一番近い土曜日」を描いています。

 作者自身が自転車ロードレースのファンということなので、「シャカリキ!」以上の自転車マンガになるか、今後が楽しみです。
posted by Go-T at 14:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

New Shoes & Frischi

 flisi.jpg
 新しいロード用のシューズを購入。SIDIのGenius5。バイク・シューズはロードも、MTBもトライアスロンもSIDIを愛用。
 今のモノはもらったもの(USED)で、トライアスロン用のシューズを購入したのも4年位前だったので、久し振りのNew Shoseになります。カーボン・ソールのシューズも魅力的でしたが、高かった・・・。

 丁度、お店にSIDIのポスターが数種類あったので、「Tohmas Frischkneht」のポスターを頂きました。15年以上世界のトップで走り続け、XCマラソン世界チャンピオンでもあるフリッシーは、僕のアイドルの一人です。
 乗っているバイクもシューズも同じメーカー。少しでもその強さにあやかりたい(ただのミーハー)。
posted by Go-T at 22:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

セミ・プロ?

 浅田監督の新チーム「Team VANG Cycling」の記者発表会が開かれました。
 詳細はCyclingTimeよりもmas ciclismoの方が詳しくわかりやすいです。
 2010年のUCIプロチーム・TDF出場が目標。今は日本人選手のみですが、将来的には外国人選手も入れるようです。

 プレゼン資料で気になったのが、「ケイリンとロードの比較表」。日本人ケイリン・プロ3726人に対して、ロード・プロは49人。「ロードでは食べていけない」のが現状です。浅田監督はこの現状も打破したいようです。「ケイリン・セミプロ=競輪学校卒業生」はわかるのですが、「ロード・セミプロ881人」って誰?と思ったら、「実業団登録選手」のことでした。ということは、僕も「セミ・プロ」!?2006年度のチーム登録受付は3月10日までです。未登録の人もこの機会に実業団登録をしてみてはいかがでしょう。あなたも「セミ・プロ」になれます。
posted by Go-T at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。